スターズアーツについて

理事長メッセージ

「Remember&Forever」とは、2011年3月東日本大震災の発生後に立ち上げた任意団体「スターズ☆アーツ」の創設者である本宮透雄が制作・実行委員長・統括監督を務める、アート(創造)・リーディング(言葉)・被災証言・民話、復興と再生、歴史と真実、学術的観点とエンタメ、防災と予防と危機管理など様々な要素と現実を取り入れた(取り込んだ)「一音一音に意味を持たせて言葉を紡ぐ活動」であります。

私は、2011年3月東日本大震災発生後、持続可能な社会を創るための活動は何であろうか?被災された東北、さらに言うと日本全体の復興のために何ができるか?という重大かつ重要な課題からどうしても目を逸らすことが出来ませんでした。

そこで私は、東北の復興、及び、震災によって露わとなった様々な日本社会の問題とも向き合うべく、震災発生から半年も経っていない時期に、大学の友人達に「任意団体スターズ☆アーツ」の存在意義や意味と「Remember&Forever」の構想に賛同を得て、その友人達と、支援金を届ける以上の持続可能である復興支援に取り組むべく、「Remember&Forever」を約10年間の間、毎年開催し、実感を伴える活動基盤と土台の構築、つまり法人化を目指し2022年8月に「特定非営利活動法人スターズアーツ」の設立に至りました。

私達の活動は、「Remember&Forever」(被災証言 民話 復興と再生)を観劇して頂いていたり、特定非営利活動法人スターズアーツの様々な活動に参加を頂いて瞬時(直ぐに)に全てを理解していただく必要はないと思っております。つまり、後々時間が経って私達が伝えたかったメッセージや、開催の意義や意味、こういうメッセージだったのか、この解釈で良かったのか、目を背けてはならない真実や沢山の語り継がれる物語があったのかなど、表現者(出演キャスト)講師や運営スタッフはこういうことが伝えたかったのではないだろうか?など振り返ることに意味があると考えており、何でもいいから小さな機微を持ち帰ってもらうことが、後々に人を思いやる一歩になるのではないか、復興支援に繋がるのではないか、一歩踏み出す行動に繋がるのではないか、そうやってたくさんの入り口のひとつになれたらいいなと考えており、皆様との出会いや活動を共にする仲間として時間を共有するのはとても意義のあるいように感じています。

そして、本来、特定非営利活動法人スターズアーツは「被災証言や民話」の朗読やリーディングのイベント開催を生業とする団体ではございません。

参加、出演されるキャストはみなさん名うての表現者ですが、そこが重要なのではなくそれよりもどこかで特定非営利活動法人スターズアーツの言う「復興」と「再生」の大きな軌道を感じながら表現が出来ていて、そこから伝わる生きていこうとする力、はみ出そうとするエネルギーを表現者から感じられる未来に対しての、これからに対しての、エンタメ・表現の奥にある希望みたいなものをどこか感じてくれることに重きを置いてる位置づけであります。

こうした公演、イベント形式として開催するのは「エンターテイメントとして成熟させた東北民話」や「被災証言」「歴史と真実」を学術的見解や「予防と危機管理」様々な解釈も含め、「Remember&Forever」が、メディアとしても様々な機能を持つ場所と機会となってくるから、深く伝わりやすいイベントとして、定期開催を行う事は捉え邁進し開催しているところです。

私は、2023年4月からの新年度の特定非営利活動法人スターズアーツの活動テーマとして「復興」と「再生」はもちろん、「出会い」という言葉をたびたび発していこうと考えています。今の日本社会、特に東京などの都会では、経済を合理的に回していくことが最優先されるために、そこからこぼれ落ちてしまっているものが沢山あり、思いがけない出会いによる化学反応が生まれづらくなっているのではないか?特定非営利活動法人スターズアーツの活動と関わることで何か偶発的な出会いによって人の心が豊かになったり、合理性とは違った考え方や生き方を見つけることが出来たりする。そうして、自分が知らなかった自分に出会うことが出来るのではないかと考えております。 2023年、特定非営利活動法人スターズアーツが言う「復興」と「再生」という言葉はある意味で「生きる術」を意味していると私は考えていますが、そこには、被災地にとっての「生きる術」だけでなく、社会全体が見落としてしまっている、本当は大切にすべき「生きる術」を今一度見直そうといった意図をこめていきたいと思います。

2023年3月1日
スターズ☆アーツ理事長 本宮透雄

法人概要

団体名
特定非営利活動法人スターズアーツ
主たる事務所の所在地
〒107-0061 東京都港区北青山1-6-1-118
設立年月日
2011年6月 任意団体スターズ☆アーツ 設立
2022年8月 特定非営利活動法人スターズアーツ 設立
代表者
理事長 本宮透雄

役員

 理事長     本宮透雄
 副理事長    髙岡和宏
 副理事長    盛田清吾
 事務局長    丹治美芳
 理事      伊藤円
 理事      元井美智子
 理事      小川建治
 理事      髙橋英哉
 理事      本宮尉順
 監事      黒井貴哲

特定非営利活動の種類

  1. まちづくりの推進を図る活動
  2. 観光の振興を図る活動
  3. 地域安全活動
  4. 経済活動の活性化を図る活動
  5. 防災の知識を知る活動 (気づき)
  6. 話し合いを通じて最善の判断を吟味する活動 (防災予防 防災道徳)

特定非営利活動に係る事業

  1. 東日本大震災の被災者証言の朗読
  2. 東北民話の語り継ぎ
  3. その他目的を達成するために必要な事業
  4. 産学連携による研究会への参加と素材コンテンツ創り
  5. 防災予防活動への参画と参加

2023年度 特定非営利活動法人スターズアーツ 目的・使命=ミッション

  1. 防災教育を纏め上げていく
    特定非営利活動法人スターズアーツでは、自然災害(東日本大震災)とそこからの復興過程に関する実態に関わるコンテンツ作り、表現や伝承する機会、産学連携や官公庁などとの連携や共有を行い続けることで纏め上げていき、そこから得られる教訓や体験から素材・教材として教訓を抽出し、復興支援と再生に寄与していきたいきます
  2. 被災証言や東北民話の発信(公演開催や防災教育=防災道徳などの勉強会の開催)
    積極的な発信やイベント公演開催、産学連携、官民一体での調査や研究成果をもとにした防災教育や専門的研修プログラムの構築や展示プレゼンテーションなど各種各様に反映させ広く発信します
  3. 人材育成と新しい価値の創造
    朗読・語り部の育成ワークショップや特定非営利活動法人スターズアーツの活動を通じて、学術的観点でのエンタメ創りや出演者、制作の人材育成、防災・減災・復興と再生を担う人材を育成するとともに、東北に関心を抱く方々が集い学ぶ知ることの出来る、出会える機会と場所の役割を果たしていきたいと考えています

検索